トナーの今後

印刷

コピー機やプリンターを使用する時に必要なのがトナーでしょう。このトナーにはリサイクルされたリサイクルトナーが存在し、価格も安く出来るため多くの企業や個人の間で広く利用されています。

Read More...

質にこだわる

複合機

リサイクルトナーは使い古したトナーを再度リサイクルして、インクを充填したものです。トナーを作る必要が無いため製造コスト削減ができ、販売価格が安いという特徴があります。以前よりも質も改善されています。

Read More...

サービスに加入

コピー機

現在OA機器であるコピー機は、どこの会社でも備えているでしょう。勿論コピーをするための機器だけではなく、FAXなども同時に使える複合機を導入している会社も多いでしょう。それ以外にも現在ではカラープリンタなども備える企業も増えてきており、そういったものも含めるとプリンタの種類だけでも多岐にわたります。しかし、プリンタは消耗品であり、使い続けるうちに必ず修理が必要になる状態になります。基本的には、プリンタは壊れやすいものと考えられている為、導入すると同時に保守サービスに加入することが一般的であります。ただし保守サービスに入っていない場合コピー機の修理は、自分たちで業者を探して依頼しなければなりません。また、業者を比較して選ぶことが大切です。価格だけでなく業者の対応も確認しましょう。

さて、保守サービスといってもどのようなものがあるかというと、やはり一般的には月額で保守料金を支払うケースが多いです。例えば、ひと月でコピーする枚数やFAXで送信する枚数によって保守料が変動する料金体系の契約などもあります。変動費だけではなく、それに基本料を付加して支払うケースが多いです。なので、複合機やコピー機を導入したと同時に、契約会社と保守契約を結ぶのが良いでしょう。もし保守契約しないで、コピー機が壊れた場合業者に修理を依頼することになるのでそうすると想像もしないような修理代金がかかる可能性があります。なので、長い目で見れば保守サービスに入った方が修理代金の費用は少なくなるでしょう。だからしっかりサービス内容を確認しましょう。

コストを抑える

カラフルなインク

リサイクルトナーカートリッジは純正品と比べて低価格ですし、質や仕上がりにも問題ありません。ですので、なるべくコストを抑えたいのであれば、カートリッジの使用を検討してみましょう。

Read More...